味の見聞録

カテゴリ:とんかつ
とんかつ最新事情
とんかつ
のもと家
とんかつを食べる醍醐味を知る
六白黒豚の特選ロースカツ

 ご主人は浅草「豚珍館」で、安くとも質の高いとんかつを出されていたが、都心のお客の顔が見える店で勝負をしたいとの想いで、港区芝公園に移転された。そんなご主人のとんかつに対する真摯な想いが響いたのだろう、開店後しばらくしてサラリーマンたちが押し寄せる店となった。

 実は、この一帯はとんかつ激戦区であり、人気店が何軒かあるのだが、その中で最もおすすめしたいのが、この店なのである。

 使うのは、四本の足先・鼻先・尾の先の計六カ所が白い、鹿児島の六白黒豚(ろっぱくくろぶた)。

 この豚のカツを楽しむなら、まずは「特選ロースかつ定食」(百二十グラム:千七百五十円、百六十グラム:二千百円)をおすすめする。「ロースかつ」よりも肉がきめ細かくて味が濃く、とんかつを食べる醍醐味を十二分に伝えてくれる。

「最近は豚と会話できるようになりました」というご主人は、同じ六白黒豚でも日々違う個体差を見極め、最大限に肉を活かすように揚げる。肉は肉汁に富み、脂はするりと溶けて甘く香る。サクサクと痛快に弾ける中粗の衣も香りよく、肉とのバランスもいい。

 キャベツはみずみずしく、柚子大根の新香、ご飯、豚汁のできも素晴らしい。

 とんかつに合わせる調味料は、茎わさび、とんかつ醤油、ソース、自分で摺るゴマと、サービス満点。どれもそれぞれに楽しめるが、このとんかつを一番おいしく食べるには、やはり塩がいいだろう。

 昼の「ロースかつ定食」(千百円)も実に質が高く、都内でこの値段で食べられるとんかつの中では群を抜いており、いいものをできる限り安く出そうという、ご主人のとんかつへの愛を感じる。

東京都港区芝公園2-3-7 玉川ビル2階 
電話=03(6809)1529
営業時間=11時半~14時(LO)、17時半~20時(LO)  
定休日=日曜日・祝日
※土曜は昼のみの営業
とんかつ最新事情
とんかつ
とんかつひなた
珍しい部位のカツも楽しめる
新たなとんかつの名店誕生

 高田馬場に、今年一月に開店したばかりのとんかつ屋である。

 最初に訪れた時、聞いてみた。「なぜ高田馬場に店を開いたのですか?」 すると店主いわく「『とん太』と『成蔵』という名店があるこの地でやってみたかったんです」。

「上ロースかつ定食」(昼:千六百二十円、夜:千九百四十四円)を一口食べて目を丸くした。なんとも肉がきめ細かい。前歯が肉にゆっくりめり込むと、甘く香り、肉汁がこぼれ出る。柔らかすぎなく猛々しい肉を噛む喜びがありながら、どこか品も漂う豚肉である。ぴったりと肉に密着した細かい衣も香ばしく、この肉と調和している。油切れもよく、食後感もいい。

 ソースは、酸味が程よいさらりとしたウスターソース系と、甘みのある濃厚なソースの二種類が用意されているが、こうしたカツに出会うと、断然塩である。塩は二種類、うま味の強い塩と、やや淡く粒子が細い塩が用意されている。

「上リブロースかつ定食」(二千七百円)もおすすめ。リブロースは、背脂だけでなく、肉の中にも一層脂が入っている。脂と肉は火の通り方が違うため、ロースより揚げることが難しいと聞く。より突っ込んで揚げながら、衣を剥がさない見極めが必要である。それをご主人は見事に揚げ切っていた。食べれば肉のうま味と脂の甘い香りが交差して、そこにパン粉の香ばしさや食感が加わる。豚肉の良さを活かし切ったとんかつは、何もかけずともそのままで十二分に幸せになれる。

 キャベツは甘み十分、白菜・蕪・胡瓜の新香も上等。味噌汁ではなく、チャーシューのスープが付く。

 さらにこの店では、ランプ(腿の柔らかい部分)、シキンボウ(内腿の芯の肉)、トントロ(頬から首の部位)のカツが楽しめるのである。

 肉汁をしっとり含んだランプは甘く香り、しっかりと揚げたトントロは、衣の濃い香りと、薄い肉に刺し込んだ脂の甘い香りが交差して、なんともうまい。今後は、イチボなども揚げていく予定だという。

 この肉の各部位を食べ比べ、最後にミニソースかつ丼で終えるコースもあり、とんかつ好きならぜひ挑戦してもらいたい。

東京都新宿区高田馬場2-13-9 鈴木ビル1階
電話=03(6380)2424
営業時間=11時~20時半(LO)
定休日=日曜日
とんかつ最新事情
とんかつ
あき山
気さくなご夫婦が営まれる
下町の人情味溢れるとんかつ屋

 いかにも下町らしい、気さくで話し好きの女将さんとご主人という年配のご夫婦二人で営まれるとんかつ屋である。

 訪れた時にいらっしゃった二組のお客は、どちらも初めての来店のようだったが、最後は女将さんと楽しく世間話をし、「また来ます」と言って帰られた。こうした人情味溢れる店が少なくなった東京で、希少な店である。

「ロースかつ膳」(千九百四十四円)のカツは、衣をやや焦げ茶色に仕上げた高温系の揚げ方だが、細かい衣がぴったりと肉に寄り添っている。水っぽくない質のいい肉を使っていることと、揚げ切るタイミングの見極めが優れていることの証である。衣はカリリと香ばしく、一切れを歯で半分に千切っても、まったくはがれるそぶりすら見せない。見事である。

 噛めば甘い香りが広がり、じっとりと肉汁が滲み出す。脂身部分の溶け具合も軽く、緻密な肉質との対比が楽しい。

 ソースはかなり甘めであるが、芥子とともにつければ肉に合う。青海苔と葱の味噌汁は、青海苔の香りと甘い麦味噌の香りが抱き合って、とんかつの間の手としては最高である。

 通常、かつ膳に添えられる新香は胡瓜と大根だが、とんかつの前に「上新香」を単品で頼み、肴にして一杯やっていると、「こちらに変えました」と、女将さんがフルーツトマトのマリネを小鉢に盛って出してくれた。こうした気働きの細やかさにも、下町ならではの人情味が滲んでいて、またすぐさま訪れたくなるのである。

東京都台東区浅草2-12-6 
電話=03(3847)8441
営業時間=11時半~15時、17時半~20時半 
定休日=月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
とんかつ
とんかつ
とん太
食べた後、また明日も食べたくなる逸品

 開店前から行列ができる人気店。店内に入ると、とんかつ好きな人たちの静かな熱気が充満している。そんな中、ご主人が一人黙々とかつを揚げている。もうそれだけで嬉しい。いい店である。

 「特ヒレかつ定食」(二千二百六十円)も惹かれるが、この日は「特ロースかつ定食」(二千百六十円)を注文。

 低温からじっくりと揚げられるとんかつの衣は、中粗で淡い狐色。油切れよく軽やかで、サクッとした食感も心地いい。肉の断面を見れば、しっとりと肉汁が滲み出て、中心部をロゼに残した仕事である。

 軽い衣に包まれた肉は、きめ細かく優しい甘みに満ちている。口の中に漂う肉の甘い香りの余韻は、品のある菓子を食べた後のような穏やかさで、これこそが、このとんかつの特長である。

 自家製ウースターソースは、甘みと酸味のバランスがよく、とんかつのうま味を膨らませるキリッとした味わいである。

 添えられたキャベツもみずみずしく、新香は、キャベツと人参、大根、蕪、胡瓜の浅漬けで、とてもおいしい。味噌汁を、しじみ汁、わかめ汁、豚汁の中から選べるのも嬉しい。
食べた後に、また明日も食べに来たくなるとんかつである。

 その他、「白身魚のフライ」(一切れ:三百二十五円)も、魚の甘みをしっとりと残したまま、サックリと揚げられていて上出来である。

東京都豊島区高田3-17-8
電話=03(3989)0296
営業時間=11時半~13時半(LO)、18時~21時(LO) 
定休日=日曜日・月曜日・祝日 
※売切れ次第閉店。土曜日は夜のみ営業
とんかつ
とんかつ
のもと家
お昼に千円で食べられる上質のとんかつ

 浜松町というサラリーマンが多い地域ということもあり、昼夜ともに盛況で、開店前から行列ができている。

 昼は多くの人が、国産豚使用「ロースかつ定食」(千円)を頼まれているが、このとんかつこそが、店の真摯な姿勢をよく表している。肉といい、ご飯・新香・豚汁などの脇役陣といい、実に質が高く、都内で千円で食べられるとんかつの中では群を抜いている。働く人々に、リーズナブルにできうる限りのとんかつを楽しんでもらおうという、ご主人のとんかつに対する誠実な想いや愛を感じる。

 一方、「特選ロースかつ定食」(百二十グラム:千六百五十円/百六十グラム:二千円)は、鹿児島六白黒豚を使用。こちらは、ご飯・新香・小鉢・黒豚の豚汁付き。これもまたお値打ちで、とんかつを食べる醍醐味を十二分に伝えてくれる。

 肉はきめが細やかで、うま味があり、脂は舌の上でトゥルッと溶けて、甘い香りを余韻に残す。

 皿の上に網を引いてとんかつをのせてあるのだが、そうした店のほとんどが下側が蒸れてしまっているのに対し、この店はカリカリである。おそらく揚げてからの休ませ時間がいいのだろう。中粗の衣は、肉に密着して、噛めばカリッカリッと音を立てる。ラードの香ばしさも十分で、肉とのバランスがとてもよく、実にとんかつらしい魅力に富んだ衣である。

 やや柔らかめのご飯や濃すぎないソース、細く切られたみずみずしいキャベツもいい。中でも脇役陣で光っているのが、新香と豚汁である。新香は、柚子大根。とんかつに添える新香に柚子大根を出す店は、それほどないだろう。その爽やかな味わいは、とんかつの味を一旦リフレッシュさせ、再びとんかつに想いを向けさせるのに、最高な相棒となっている。また豚汁は、豚脂の甘い香りと味噌、根菜の香りが溶け合い、心を安らかにさせる穏やかな味わいである。

 とんかつの調味料も、茎わさび、甘いとんかつ醤油、自分で擂る胡麻と、サービス十分。だが、この優れたとんかつには、塩とソースだけで十分である。

東京都港区芝公園2-3-7 玉川ビル2階 
電話=03(6809)1529
営業時間=11時半~14時(LO)、17時半~19時半(LO) 
定休日=日曜日・祝日 
※売切れ次第閉店。土曜日は昼のみ営業
とんかつ
とんかつ
自然坊(じねんぼう)
誠実さに満ちた胸が晴れやかになる定食

 駅から七分ほど歩く閑静な住宅街に、店はぽつねんとある。そうしたロケーションから察するに、これまで地元客から深く愛されて営んでこられた店なのだろう。

 座るとおしぼりが出されるが、生地が厚く、肌触りがよく、ほどよく温かく、匂いがない。もうこれだけで、この店がいかにお客さんを迎える心が整っているかがわかる。心地よい食事のスタートである。

 豚肉は、群馬県産のやまと豚のメス豚のみを使用されているという。

 「ロースかつ定食」は、昼:二千五百円、夜:二千九百十円。

 かつを一切れ箸で持ち上げて断面を見ると、しっとりと肉汁で輝き、食欲をそそる。噛めば、肉はきめ細かくしなやかで、歯に吸い付くような食感がある。適度に掃除された脂も、歯触りがしっかりとしていながら、するりと溶けていく。

 綿実油で揚げられた衣は、中粗でサクサクと香ばしく、この豚肉とのバランスがいい。肉の品のある甘さを生かした揚げ具合である。香りよい自家製ソースでいただくのもいいが、このとんかつは、そのままか、塩だけで、十分にご飯を呼ぶ力がある。

 添えられたキャベツは、みずみずしくて甘い。大根、胡瓜、小茄子の糠漬け、さくらんぼ漬けの新香陣も丁寧な味わい。おいしく炊かれたご飯、なめこと三つ葉の赤出汁も香り高く、すべてが誠実さに満ちた、胸が晴れやかになるとんかつ定食である。

 また、デザートのアイスクリームをくずきりに替えてもらったのだが、黒蜜の按配、くずきりの清涼感も素晴らしく、隅々まで行き届いた仕事の的確さが光っている。

 その他、「牡蠣フライ」は一個:五百九十円と高価だが、大ぶりで、衣の中に海のエキスをたっぷりと湛えながら、口の中に転がり込んでくる。冬にはぜひ試されたい。

東京都大田区久が原4-19-24 
電話=03(5700)5330
営業時間=12時~15時(L.O.)、17時~21時(L.O.) 
定休日=水曜日
とんかつ屋のポークソテー
とんかつ
丸五
きめ細かで柔らかく歯応えもある
豚肉を食べる喜びに満ちた逸品

 『ミシュランガイド東京2015』でピブグルマン(星はつかないもののコストパフォーマンスが高い、五千円以下の調査員おすすめの店)を獲得、海外のガイドブックでも紹介されているという、東京を代表するとんかつ屋の名店の一つ。

 ソテーは、「ロースソテー」千八百五十円、「ヒレソテー」二千百円。ご飯・赤出汁・お新香セットは四百五十円。

 艶のある鼈甲色のソースがたっぷりとかけられたソテーは、堂々たる姿。肩ロースに近い部位で、噛めば肉自体にほのかに甘い香りがあって、きめ細やかで柔らかいが、ただ柔らかいだけではなく歯応えもあり、しっかりと歯が肉にめり込んでいく、豚肉を食べる喜びに満ちている。脂もするりと溶けて甘い。

 生姜を少し利かせた甘辛いソースは、味わい深いがくどくないので、肉にたっぷりつけて食べるといいだろう。紫キャベツを少しのせた、付け合わせのキャベツの千切りも、みずみずしくて甘い。

 また、ご飯、赤出汁、お新香ともに都内最上級。食前は煎茶、食後はジャスミン茶を出してくれるサービスもいい。

 昼夜問わず、「肉よせ」、「角煮」、「牛タン味噌漬け」、「豚ばら冷しゃぶ」、「豆腐サラダ」、「大和煮」など、「丸五」の底力を知る特有の肴もあり、それらの肴とともに、そば前ならぬ〝肉前〟で一杯やってから、主役の肉料理を食べる楽しみもある。

東京都千代田区外神田1-8-14 
電話=03(3255)6595
営業時間=11時半~14時(LO)、17時~20時(LO)
定休日=月曜日・第一火曜日・第三火曜日
とんかつ屋のポークソテー
とんかつ
とんかつ すぎ田
ウイスキーとバターと醤油が香り
心を魅了するどこにもない味

 一九七七年創業のとんかつ屋の名店で、現在の店主・佐藤光朗氏は二代目。

 「ソテー」は、ロース二千三百円、ヒレ二千五百円。フライパンで両面焼いたあとオーブンに入れて少し休ませ、全体に熱が回ったらカットしてフライパンに戻し、ウイスキーを入れてフランベする。最後に、バターと醤油で仕上げられる。

 二口大に切られた肉は、表面が膨れて肉汁を保っている様子がわかり、食欲をそそる。それを、絶妙に煮詰められた茶色く輝くソースに絡めるようにして食べると、バターのコクと醤油の旨味が豚肉の甘みに加わって深みを増す。そこにウイスキーが香って、どこにもない味となり、舌を優しく過ぎると、くるんと心を魅了する。「ああっ~」とため息が漏れ、途端に体の力が抜ける。

 肉は肩に近い部位で、繊維がきめ細やかで、そこに歯が入って繊維を断ち切る食感が、「肉を食べているぞ!」という思いを強くさせる。練りたての溶き辛子をつけて食べるのもおすすめ。

 ご飯(三百円)と豚汁(二百円)は別注文。つやつやと輝くふっくらとしたご飯、肉とぶつからないように徹底的に豚の脂を引いて旨味だけを濃縮させた豚汁、自家製のお新香、いずれも最上級である。

東京都台東区寿3-8-3 
電話=03(3844)5529
営業時間=11時半~14時(LO)、17時~20時15分(LO)
定休日=木曜日
とんかつ屋のポークソテー
とんかつ
井泉本店
ソースの甘みと苦味と酸味が
バランス良く豚肉と絡む

 一九三〇年創業。「お箸できれるやわらかいとんかつ」のキャッチフレーズとともに、「かつサンド発祥の店」として知られる名店。また、森繁久彌主演の映画『喜劇 とんかつ一代』(一九六三年・東宝)の舞台にもなった、上野を代表するとんかつ屋の一軒。店内は一階がカウンター席とテーブル席と小部屋、二階が大部屋の座敷。

 「ポークソテー」は千三百円。小麦粉をまぶしてフライパンで焼かれた豚肉は、余分な脂を捨て、バターと赤ワインで風味づけをしてから皿に盛り、デミグラスソースがかけられる。親しみのあるデミグラスソースの甘み、苦味、酸味のバランスが良く、豚肉の甘みと相まって、猛烈にご飯が恋しくなるポークソテーである。肉は薄めながら、食べ応えあり。また、少々下品ながらも、食べ終わったあと残ったソースにご飯を入れて絡めて食べると、これまた美味。

 付け合わせのレタスとトマトのサラダも、ご飯(二百五十円)、とん汁(二百円)いずれも質が高い。

東京都文京区湯島3-40-3 
電話=03(3834)2901
営業時間=[平日]11時半~20時50分[日・祝]11時半~20時半
定休日=水曜日(祝日の場合は営業)
とんかつ屋のポークソテー
とんかつ
とんかつ ゆたか
肉汁豊かなしっとりとした豚肉と
品のある独自のデミグラスソース

 創業七十余年、仕舞(しも)た屋風の粋な店構え。古き良き料理屋の誠実と矜持が漂い、夕刻となって、明かりが灯る頃合いに暖簾を潜るのが、なんとも情緒があって良い。

 凛とした染付丸皿に盛られて供される「ポークソテー」は千五百五十円。常連の中には、とんかつ以外にこれを目当てに訪れる人もいるという。

 噛めば、きめ細かい肉はほのかな甘みがあってしっとりとし、肉汁豊かで、脂も甘い香りを残しながら、すうっと溶けていく。

 そこにかかるは、独自のデミグラスソース。品のある薄味で、割烹の照り焼きのように豚肉の味を静かに支えている。キャベツにもソースを絡めて食べると美味しい。また、辛子や七味を肉につけても、ソースと合わさって別種の美味しさとなる。

 ご飯・みそ汁・お新香(セットで四百五十円)いずれも素晴らしい。また、キビキビとしながら行き届いたサービスも心地いい。

 そのほか、「板わさ」、「まぐろぬた」、「焼き鳥」、「塩辛」、「酢のもの」など、腹が膨らまない程度の、酒飲みのツボを心得た一品料理も充実しているので、これらを肴に肉の前に一杯と洒落てもいいだろう。

東京都台東区浅草1-15-9 
電話=03(3841)7433
営業時間=[平日]11時半~14時(LO)、17時~20時半(LO)[土・日・祝]11時半~14時半(LO)、16時半~20時半(LO)
定休日=木曜日(月一回水・木連休あり)
とんかつ新時代(2)
とんかつ
とんかつ燕楽
肉汁が滲み出るカツ
揚げ切り良く、軽い食後感

東急池上駅から徒歩二分ほどの場所にある、とんかつ屋。カウンター九席に、一階と二階の座卓席を持つ細長い店内は、昼夜問わず常に繁盛しているが、仕事にぶれがない。若きご主人は、名店と知られる御成門「燕楽」出身。

肉は平田牧場の三元豚、米は駒ヶ根のコシヒカリを使う。「とんかつ定食」千二百円は、丸い型のカツが三枚。噛めば、肉からしっとりとほの甘い肉汁が滲み出る。豚肉を食べたという満足感を、この価格で成立させるのは見事としか言いようがない。

「ロース定食」二千円は、肉がうっすらと汗をかき、切り口から肉が盛り上がっている。肉汁を閉じ込めて揚げている証拠だ。

ラードの香り高き自家製衣は中粗。肉に密着していて、サクッと噛めば、包まれるように歯が入っていき、甘い肉汁が滲み出てくる。揚げ切り良く、軽い食後感も、ラードの質の高さを感じさせる。甘味と酸味のバランスが良いソースもいいが、ここはまず、塩で食べることをおすすめする。

そして、注文ごとに手切りされるキャベツは、甘くてみずみずしく、この店の心意気を感じさせる。ご飯も甘く、上等。根菜がたっぷり入った豚汁もおいしい。漬け物は、胡瓜、大根、蕪(蕪はロース定食のみ)の糠漬けの漬け具合が良い。また、定食に付く自家製マヨネーズのポテトサラダも、ジャガイモの旨味に富み、心和む。

東京都大田区池上6-1-4
電話=03(3754)8243
営業時間=11時〜14時半、17時〜21時半
定休日=月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
とんかつ新時代(2)
とんかつ
あげづき
サクサクと軽い衣
肉のしっとりとした甘さが旨い

神楽坂の中腹にある人気店。細長い店内に、七席のカウンターとテーブル席。平日の昼時はもちろん、近隣の学生やビジネスマンのいない日曜の夜でさえも早い時間から行列ができている。

「ロースカツ」(単品)は、千六百十円。分厚いカツを、低温の油でじっくり揚げ、高温の油でさっと仕上げをし、一分ほど休ませて均一に火を入れていく。

淡い色合いの衣をまとったカツの断面は、全体がほのかに薄桃色を差す。肉にはしっとりとした甘味があっておいしい。衣は粗めだが、サクサクと軽く、油切れも良い。

甘めだが上品なソースは、このカツとよく合い、豚肉の味を持ち上げるので、最初の一切れは塩で、後はソースで食べることをおすすめする。

おかわり自由が嬉しいキャベツは、質が良く、別添えのドレッシングとの相性も素晴らしく、いくらでも食べられる。ご飯、味噌汁、新香のセットは、三百七十円。

その他、質の高い海老を使った、甘味に富む「車海老フライ」二千百円もおすすめ。夜は日本酒や焼酎の揃えもあり、一杯やってから、とんかつを食べるお客さんも多い。

東京都新宿区神楽坂3-2 山ノ内ビル地下1階
電話=03(6265)0029
営業時間=11時半〜15時(14時半L.O.)
     17時半〜22時半(22時L.O.)
定休日=火曜日・第3水曜日
とんかつ新時代(2)
とんかつ
赤月
選べる三種の豚
おすすめは「岩中豚ロースかつ」

外苑西通り沿い、南青山三丁目交差点と西麻布交差点の間にあるビルの地階で、ご主人一人が切り盛りする、小体なとんかつ屋。カウンターは、小料理屋の趣がある。

豚肉は、白王豚、岩中豚、LYB豚の三種類から選べる(食べ比べコースもあり)。

「岩中豚ロースかつ膳」二千円は、分厚く、断面はうっすらとロゼ色で、しっとりと汗をかいている。噛めば、雑味のない、優しい甘さと、良質の豚肉の旨味が広がる。ハーブや薬草が入った特製ソースと岩塩が用意されているが、まずは中央部を、なにもつけず、そのまま食べることをおすすめする。脂も融点が低く、甘く香る。大いなる魅力を持つ豚肉だ。衣は少し粗めながら、香ばしく軽く、舌や上顎に当ることもなく、油切れも素晴らしい。

トリュフオイル入りマヨネーズドレッシングと和風オニオンドレッシングでいただく、おかわり自由のキャベツは、いくらでも食べたくなる。ご飯も、とてもおいしい。

また、「メンチかつ」「海老フライ」「ソフトシェルクラブかつ」などの他、夜は、「串揚げコース」や、「赤月鍋」(前日までに要予約)なる豚しゃぶもある。

東京都港区南青山4-1-8 麗雲ビル地下1階
電話=03(6459)2049
営業時間=11時半〜14時半(L.O.)
     18時〜22時(L.O.)
定休日=日曜日
とんかつ新時代(2)
とんかつ
西麻布 豚組
日本全国を食べ歩いて厳選した
各種銘柄豚が揃う

細い路地沿いに建つ、古民家風の二階家。この店の特徴は、「コク濃厚系」「脂身たっぷり・ジューシー系」「旨味バランス系」など、各種銘柄豚を用意し、嗜好に合わせて各々の味わいを楽しむことができること。

この日選んだのは、サツマイモを中心に良質のデンプンで飼育した、さっぱり・ジューシー系の、千葉産「いもぶたロース」二千五百円。

中粗の生パン粉を使った衣は、揚げ切りが良く、カリッ、サクッと軽快な音を立てる。そして、切り口にしっとりと肉汁が光るロース肉を噛みしめれば、ほの甘い豚のジュースが滲み出る。脂身も口どけが良く、豚肉の甘い香りがして、ロースのカツを食べる醍醐味がある。最初は塩で、次に特製ソースを小皿に取り、つけて食べるといいだろう。

その他、沖縄「琉香豚ロース」千九百円から、静岡「富士金華豚ロース」四千五百円、「イベリコ豚ロース」四千八百円まで、各種銘柄豚が揃う(フィレも各種あり)。

いずれも、前菜の一品料理、甘みが充分のキャベツの千切り、茨城産コシヒカリのご飯、しじみの赤出汁、香の物が付き、すべておかわりも自由。

東京都港区西麻布2-24-9
電話=03(5466)6775
営業時間=11時半〜15時(14時L.O.)
     18時〜23時(22時L.O.)
定休日=月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
とんかつ新時代(1)
とんかつ
成蔵
何もつけなくてもおいしい
豚肉の旨み充分のとんかつ

ジャズのBGMが流れる、とんかつ屋とは思えない店内は、油臭さなど微塵もなく、清潔感に富む。若きご主人は、新橋の名店「燕楽」出身。修業先の技を受け継ぎながらも、低温から徐々に温度を上げながら揚げる、現在のやり方にたどり着いた。

昼に初めて訪れるなら、「ロースカツ定食」千円(夜は千三百円)をぜひ。都内で食べられる千円のとんかつ定食の中では、肉の質と量、脇役ともに群を抜いている。旨み充分のとんかつは、何もかけなくともおいしい。

さらに真骨頂が、リブロースを使った百七十グラムの「上ロースかつ定食」千五百円(夜は千八百円)だ。

しっとりと汗をかいた肉の断面は、淡いロゼ色で、なんとも艶っぽい。口に運べば、薄い狐色の中粗の衣がサクッと音を立て、きめ細かい肉質に歯が入っていく。途端、ほの甘い肉汁がこぼれ、なんとも幸せな気分となる。

甘い香りを含んだ脂も、引き締まりながら、さらりと舌から消えていくキレの良さ。毎朝市場で厳選して買い付けるという肉は、軟らかいながら、噛んで肉のジュースをあふれさせる喜びがある。端の部分もしっとりとして上等の揚げ上がり。

まずは何もつけずに食べ、次は塩で、豚肉の甘みを堪能する。最後に自家製ソースをかけて、ご飯を掻き込むのがいい。

また、盛り付けられたキャベツは、細く、甘く、みずみずしい(お代わり百円)。具だくさんの豚汁も、沢庵、大根、キュウリ、キャベツという布陣のお新香も、ご飯もおいしい。

甘みがプリッと弾ける大きな「エビフライ定食」千二百円、百八十グラムの「シャ豚ブリアン(特ヒレ)定食」二千百円(夜は二千四百円)、優しい肉の甘みと脂の旨みに陶然となる「あぐー豚のロースカツ定食」(入荷時のみ)も、ぜひ試されたい。

東京都新宿区高田馬場1-32-11小澤ビル地下1階
電話=03(6380)3823
営業時間=11時〜14時、17時半〜22時(21時L.O.)
定休日=火曜日
とんかつ新時代(1)
とんかつ
ポンチ軒
「特ヒレの一本揚げ」はじめ
とんかつ好きが唸る品書き多数

「ぽんち軒」は、一説によればとんかつを名乗った元祖とされる、今はなき上野の店。初めて厚切りのとんかつをディープフライにしたともいわれている。その店名を名乗るように、並々ならぬ、深いとんかつ愛に満ちた店だ。

料理人は、両店とも惜しまれつつ閉店した、恵比寿の名店「かつ好」の佐藤貞夫氏と、赤坂のこれまた名店「フリッツ」料理長橋本正幸氏による強力タッグである。

この店ならではのおすすめは、「特ヒレの一本揚げ」単品:四千二百円。五百グラムのヒレ肉を二十五分かけて揚げ、登場する。甘く誘惑するような香りは、ほかのヒレカツでは出会えない。ヒレ肉にこんな魅力的な香りがあることに、驚くは必至。しかも肉はしっとりとしてほの甘く、衣の油切れがいいので、大食漢なら一人でもいけるが、三人くらいで食べ分けるといい。

一方、「特ロースかつ」(単品:千七百円、定食:二千百二十円)は、カラリと香ばしく、断面が肉汁で艶やかに輝く。食べれば、肉がきめ細かく、噛みしめるごとに豚肉の甘みが滲み出る。ロースかつは、甘辛さが際立つとんかつソースよりウースターソースの方が、豚肉の甘さを際立たせる。また複雑味を持った塩も素晴らしい。

衣は粗目だが、ザクッという食感ではなく、ふわりと軽やかに揚げられている。

別添えのキャベツも甘く、この店特有のウースターソースをかければ、何皿もお代わりしたくなる。輝くご飯、根菜の香りが溶け込んだ豚汁ともに素晴らしい。

そのほか、ローススライスを巻いた「ポンチかつ」(単品:千百円、定食:千五百二十円)、脂を取り芯部のみを使った、肉の旨みたっぷりの「しんロースかつ」(単品:二千円、定食:二千四百二十円)など、とんかつ好きを唸らせる品書き多数。

〆には、丁寧に作られた「かき氷」五百二十円をぜひ。

東京都千代田区神田小川町2-8 扇ビル1階
電話=03(3293)2110
営業時間=11時15分〜14時半(L.O.)
     17時半〜21時半(L.O.)
定休日=日曜日
とんかつ新時代(1)
とんかつ
イマカツ
香ばしい揚げ油の香り
脂身と肉の甘みのバランスが見事

黒を基調とした、モダンな内装。夜は、「枝豆」や「山芋のとんぶり和え」などの軽いつまみもあり、かつの前に焼酎や日本酒で一杯やるのも楽しい。

おすすめは、「特選ロースかつ膳」二千円。

まず口にして感じるのは、揚げ油の香ばしさである。ラードとヘットをブレンドした油は、パン粉と出会って、バターのような甘い香りを漂わせ、もうそれだけで気分が晴れやかになる。

次に肉を食べて感じるのは、脂身の軽さと香りの良さだ。「ロースかつ膳」千四百円でもその魅力は感じるが、特選はより強く、肉自体の甘みと相まって、思わず顔が崩れるは必至。

サクッと音が響く香ばしい衣は、中粗より細かく、肉とのバランスもいい。

また、キャベツはみずみずしくて甘く、このおいしいキャベツがお代わり自由なのも嬉しい。

二種類添えられるソースは、やや甘みが勝ったもので、ご飯は進むが、豚肉の味を堪能したい向きは、店の人にすすめられるように、塩でとんかつを食べ進む方が肉を活かすだろう。

ご飯も上等。かつ膳につくご飯もいいが、夜であれば、土鍋炊きご飯(「魚沼ロマン」など四種類。一合八百五十円〜九百五十円で二合より)を注文することもできる。炊き立ての、甘く香るご飯は、とんかつ屋のご飯としては最上級である。

スペシャリテの「ささみかつ」は、身が厚く、しっとりとしてほの甘く、ささみかつという料理の素晴らしさを見直す逸品。一本から頼めるので、ぜひ追加を。そのほか、ジューシーな「手作りメンチかつ膳」千二百円もおすすめ。

東京都港区六本木4-12-5フェニキアルクソス1階
電話=03(3408)1029
営業時間=11時半〜16時
     18時〜23時(22時半L.O.)
定休日=日曜日・祝日
バックナンバー