味の見聞録

月間アーカイブ:2012年05月
オムライス(1)
オムライス
レストラン 香味屋
ご飯の旨味を感じるチキンライス
半熟具合も厚さも申し分ない玉子

ご存じ、洋食屋の名店。何をいただいても味にブレがなく、日本人が生み出した洋食の矜持が、丁寧な仕事に生きている。

「オムライス」(二千円)は、実にシンプルなお姿。白皿の上に、滑らかできめ細かい肌をしたオムライスが佇む。ケチャップはかけられていないので、なおのこと麗しさが際立つ。何よりチキンライスがいい。ケチャップが勝ちすぎず、ご飯の旨味を感じさせる味付けで、玉子に優しく抱擁され、なおのこと輝く。玉子の半熟具合、厚さも申し分ない。この玉子とチキンライスだけの関係で、この料理の楽しさは充分だが、途中から、店特製のウースターソースをかけることをおすすめしたい。オムライスを割り、チキンライスの方に数滴かければ、ソースの香ばしさが鼻に抜け、また品のある甘酸っぱさと辛さが加わって、スプーン持つ手がさらに止まらなくなること必至。

チキンライスは、玉葱、グリンピース、マッシュルーム、鶏肉、ピーマン入り。薬味にラッキョウ、福神漬け、胡瓜のピクルス。後味の余韻が、何とも穏やかな気分を呼ぶオムライスである。

東京都台東区根岸三の十八の十八
電話=03(3873)211
営業時間=11時半〜20時半(L.O.)
定休日=年中無休
オムライス(1)
オムライス
洋食かつ 兎
和風出汁とデミグラスソース
昼夜異なる二つの味わい

今年二月にオープンした新しい洋食屋さん。サービスも素晴らしく、すでに昼夜とも人気。

夜の「オムライス」(千百円)は、和風味。季節の炊き込みご飯を薄焼き玉子でくるみ、とろみをつけた和風出汁のソースをかける。艶やかな薄茶色の出汁をまとった姿が美しい。穏やかな味わいで、フライや肉料理を食べたあとでも軽く入る。

一方、ランチ弁当の「オムライス」(九百五十円)はデミグラスソース。シワ一つない美しい玉子は、厚みがしっかりとあって、ふんわりと舌に絡み、夢見心地に。ケチャップライスも上品な味わい。そして、デミグラス。甘味、苦味、酸味、旨味のバランスがよく、味のキレ、香りの高さ、艶、滑らかさ、いずれも申し分なき逸品。ややもするとデミグラス系のオムライスはくどくなりがちだが、食後にも優しい気分になる。

東京都港区南青山二の十二の十六 石塚商事ビル一階
電話=03(6447)1191
営業時間=11時半〜15時(14時半L.O.)
     17時〜23時半(22時半L.O.)
定休日=土曜日・日曜日・祝日(日・祝は昼のみ営業)
オムライス(1)
オムライス
ツヴァイ ヘルツェン
類似はどこにも存在しない
天下唯一の真実の味わい

真実の味を求める、孤高の洋食屋。ご主人亡きあと、奥様と息子さんがその味を守る。以前は夜のみだったが、昼も営業され、「オムライス」(千円・一日十食限定)がいただける。夜は完全予約制で、コース料理の一品としてオムライスが供される。

トマト、鶏挽き肉、玉葱、椎茸、赤ワイン、セージなどを使い、二日かけて作ったトマトソースで炒められたチキンライスを薄焼き玉子で包み、これまた二日かけて作られる、トマト、チャツネなどによる自家製ケチャップがかけられる。

一口食べれば、玉子の甘味と自家製ケチャップ、トマトソースがなじんだ穏やかな味わいに陶然となり、誰でもが笑い出してしまう。手間暇をかけた料理だけが持つ、心に届くおいしさに満ちている。そして、食べ終えたあとに優しい気分になる。類似はどこにも存在しない、天下唯一の真実の味わい。

東京都渋谷区本町一の五十四の四
電話=03(3377)7902
営業時間=11時〜14時、18時〜23時
定休日=月曜日の夜(昼のみ営業)
オムライス(1)
オムライス
カフェ コルベーユ
皿一杯に鎮座する「オムライス ハッシュドビーフソース」

リーガロイヤルホテル東京「カフェ コルベーユ」で味わえるオムライスは、通常のスタイルもあるが、おすすめは「オムライス ハッシュドビーフソース」二千三百円。

シワ一つなき、でっぷりと太った堂々たる量のオムライスが、皿一杯に鎮座する。オムライスの中はケチャップライスで、グリンピース、玉葱、マッシュルーム入り。ほんのりとしたケチャップ味がいい。

そこへソースポットに入れられたハッシュドビーフソースをかけて食べる。ソースは甘すぎず、ほのかに酸味があり、香り高い。ただし、一度に全部かけてしまうとソース味が勝ってしまうので、少しずつかけるのがいい。牛肉を食べて、オムライスを食べるのもよい。スプーンに半分だけソースを入れ、その上にオムライスをのせるようにして食べると、ソースの味のあとにオムライスそのものの味が訪れて楽しい。

東京都新宿区戸塚町一の一〇四の十九 リーガロイヤルホテル東京一階
電話=03(5285)1121(代)
営業時間=7時〜22時(21時半L.O.)
定休日=年中無休
オムライス(1)
オムライス
シノワ銀座店
ワインとともに楽しむ
軽やかで香り豊かなオムライス

銀座ワインバーの代表格。ワインの種類は五百種類以上、そのほとんどはボルドー、ブルゴーニュなどフランス産。この店の魅力は、いいワインをグラスで少しずつ飲めること。また、ワインに合う豊富な種類の料理も評判が高く、シックな落ち着いた空間の中で、センスのいい料理と上質なグラスワインを楽しむことができる。

軽やかで香り豊かなワインバーならではの「オムライス」千八百九十円(十パーセントサービス料別)。ケチャップとデミグラスソースで味付けしたピラフを、パセリ、エストラゴン、紫蘇、浅葱などの微塵切りを溶き混ぜた玉子で包み、バジルを効かせた酸味の柔らかいトマトソースが添えられる。ワインバーゆえ、オムライスだけをいただくわけにはいかないが、それだけのためにも出かけたくなる味わい。

東京都中央区銀座六の四の五 オリエントビル地下一階
電話=03(3571)3108
営業時間=[月〜土]17時半〜翌2時(1時L.O.)
     [祝日]17時半〜24時(23時L.O.)
定休日=日曜日
バックナンバー