プレゼント

只今プレゼントはございません。

お知らせ

  • 天現寺 青草窠永坂早苗氏上梓 『晴れの日本料理』
  • 2018年2月1日
  • 永坂氏

     
     四季折々の日本の気候風土がもたらす豊かな恵みにより、旬の食材を味わい、風物を愛でることのできる「日本料理」。祭りや年中行事に合わせ、人生の節目の儀礼など“ハレの日”の料理の歳時記を、古典文学を交えながら全ぺージ日英のバイリンガルで綴った『晴れの日本料理』(288頁:3,564円)が求龍堂より出版される。
     オールカラーの写真は、永坂氏がオーナーを務める「青草窠(せいそうか) 」の茶室にて上田義彦氏が撮影したもので、光の織りなす陰翳(いんえい)、一瞬の場の気配を捉え、日本の美を表現した。料理だけではなく、器、軸や花、室礼などを通して日本文化の奥深さを感じ、学ぶことができる、ドナルド・キーン氏の推薦文にあるように「座右の一冊にしたい」必読の書。「The Seasonal Beauty of Japanese Cuisine」のサブタイトルに、和歌や俳句もローマ字表記及び解説が付き、海外向けに日本の食文化を発信するツールとしてもおすすめである。

     
    ●お問い合わせ
    求龍堂
    TEL 03-3239-3382

  • 八海醸造前会長 「八海山」と共に歩んだ 南雲仁さんの生きかた
  • 2018年2月1日
  •  
     新潟魚沼の酒蔵「八海醸造」に嫁いで68年、今年87歳になる南雲仁(あい)さん。新潟の地主の家に生まれながら、戦後の農地解放で生活が一変、一介の農家になり畑仕事に明け暮れた。その後、酒蔵に嫁いで実業家の夫を支え、瓶詰め、配達、蔵人の世話までこなし、会社の発展に大きく貢献した。その仁さんのライフストーリーを、デナリパブリッシングの森田洋氏がインタビューと現地取材を重ねてまとめた『おっかさまの人生料理』(1,296円)が刊行された。保存必至の巻末カラー頁「おっかさまの手づくり料理六〇選」では、魚沼の四季のおかずが披露されている。

     
    ●お問い合わせ
    デナリパブリッシンング
    TEL 03-5213-8125

  • 湖池屋 うま味調味料・香料無添加 プライドポテト うす塩味
  • 2018年2月1日
  • うす塩

     
     昨年の発売以来、大好評の「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズに、新商品「うす塩味」が登場。日本産のじゃがいもを100%使用し、素材、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油、仕上げなど、料理するように作り、理想のおいしさを追求。うま味調味料や香料を一切使用せず、じゃがいも本来の味わいを表現するため、三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊き塩)と日高産昆布、国産まぐろ節を組み合わせることで、素朴でありながらも味わい深い上品なポテトチップスに仕上げられている。

     
    ●お問い合わせ
    湖池屋 お客様センター
    TEL 0120-941-751(月~金9時~17時)

  • サントリースピリッツ 「バランタイン」 限定シングルモルト
  • 2018年2月1日
  • suntory

     
     スコットランドの厳選されたモルト原酒とグレーン原酒を使用したブレンデッドウイスキー「バランタイン」。そのキーモルト2種をシングルモルトウイスキーとして、数量限定発売。「バランタイン シングルモルト グレンバーギー15年」は洋梨や赤林檎を思わせる香り、甘くフルーティな味わい。「同 ミルトンダフ15年」はシナモンを感じるフローラルな香り、クリーミーな口あたりで、どちらも長く続く余韻が特長。共に7,560円(700ml)。

     
    ●お問い合わせ
    サントリー お客様センター
    TEL 0120-139-310
    http://www.ballantines.ne.jp

  • セコムの食 健康に配慮した 「お食事宅配便」
  • 2018年2月1日
  • セコム

     
     安心して食べられる食品の通信販売『セコムの食』が、調理済みの食事を届ける「お食事宅配便」を開始した。和洋中合わせ5000種類の日替わりメニューがあり、行事食や郷土料理も含め豊富なバリエーションを用意。食と栄養の専門家が栄養バランスを考えて企画した献立に沿って、プロの料理人が新鮮な食材を使い毎朝調理。塩分やカロリーが気になる方、離れて暮らす家族の食事にと、様々なニーズに対応。無料試食が可能なため、興味のある方はまずは試してみてはいかがだろう。

     
    ●お問い合わせ・お申し込み
    「セコムの食」カスタマーセンター
    TEL 0120-049-756(10時~17時)

  • 蔵直ワイン専門店 ヴィノスやまざき パルコヤ上野店オープン
  • 2018年2月1日
  • ヴィノス店舗

     
     昨年オープンした複合商業施設「上野フロンティアタワー」の核として、1階~6階に誕生した全68ショップからなる「PARCO」の新施設「PARCO_ya」。その新名所の1階に「ヴィノスやまざき」が出店。世界を歩き探し出した蔵から直送されるリーズナブルで美味しいワインに、国内外のチーズ、同店が本店を構える静岡の地酒を中心にした日本酒、ワイングッズなど、上質を求めるおとなのための店。ギフト商品も充実しており、アドバイザーに相談しながら買い物を楽しめる。

     
    ●お問い合わせ
    ヴィノスやまざき パルコヤ上野店
    TEL 03-5846-8801(10時~20時営業)

  • キユーピーより 高機能ヒアルロン酸配合 キッチン用ハンドケア
  • 2018年2月1日
  • キユーピー

     
     食品・医薬品・化粧品など幅広い分野で、原料としてヒアルロン酸を提供しているキユーピー。料理をしながらハンドケアする「Touch&Hug」3商品が新発売された。「くっつく・しみこむ・ととのえる」 異なる性質を持つ3種類の高機能ヒアルロン酸を配合。汚れを落とし潤いは残す「キッチンハンドソープ」、水をはじき保湿する「キッチンハンドベール」、家事後のケアをする「キッチンハンドクリーム」。自社サイト「キユーピーアヲハタネットショップ」ほか、ネット通販で販売。

     
    ●お問い合わせ
    キユーピー お客様相談室
    TEL 0120-14-1122

  • ミロコマチコ氏作品展 世田谷文学館にて 4月8日(日)まで
  • 2018年2月1日
  • ミロコ展_チラシ表裏

     
     毎月の本誌表紙を飾り、内外で高い評価を得ている絵本作家ミロコマチコ氏。『いきものたちの音がきこえる』と題して、4月8日(日)まで世田谷文学館で新作を含む絵画や立体作品など150点以上を披露。サイン会〈2月3日(土)・10日(土)16時~〉、ライブペインティング〈ローソンチケットでの完全前売制:3月24日(土)18時~19時半〉も開催。ダイナミックな作品展をお見逃しなく。入場料800円。

     
    ●お問い合わせ・お申し込み
    世田谷文学館
    東京都世田谷区南烏山1-10-10
    TEL 03-5374-9111

    http://www.setabun.or.jp

  • pure coco 東京ソラマチに 新店舗オープン
  • 2018年1月1日
  • PURECOCO

     
     工夫を凝らしたブレンドによる風味豊かなベルギー産のホワイトチョコレートを主役に、新しい食感や味覚との出会いを提案する、東京発のホワイトチョコレートブランド「ピュアココ」。東京スカイツリーに隣接する商業施設「東京ソラマチ」に、5店舗目がオープンした。
     じっくり時間をかけて焼き上げたシュー生地のサクサクした歯ごたえとホワイトチョコの贅沢な口どけ感が同時に楽しめる「ピュアココ」は、7個入り(750円)から50個入り(5,600円)まで。花柄やストライプ柄のほか、マルチクリエイターserena(セレナ)とコラボレーションしたアーティストボックス3種が新たに加わった美しいパッケージは、選ぶのも楽しく、お手土産にも喜ばれている。
     また、グラッセにしたオリーブをホワイトチョコでコーティングした「ピュアココ オリーブ」(1,200円)は、お酒にも合い、幅広い年齢層に人気だ。

     
    ●お問い合わせ
    pure coco 東京ソラマチ1F 10番地
    TEL 03-6658-8716

  • フェリシモ 「幸福(しあわせ)のチョコレート」 日本初上陸31アイテム
  • 2018年1月1日
  •  
     年を重ねるごとに熱がこもっていく「幸福のチョコレート」カタログ。“チョコレートバイヤーみり”さんが世界中のショコラティエのもとへ出向き、直接交渉を重ねてきた成果が詰まっている。今期の目玉は、バルト三国から8メゾン、東欧からはチェコの3メゾンが初上陸。総勢20か国から貴重なチョコレートが揃った。バレンタインシーズンスタート前に早めに予約をしたいアイテムが、今年も多数紹介されている。専用サイトより注文が可能。なお、バレンタインお届けは、1月31日(水)中のお申し込みまで。

     
    ●お問い合わせ
    フェリシモ
    TEL 0120-055-820
    http://feli.jp/s/choco/